komatsu-style

ひととひとが手をつなぐ、希望の器「住まい」づくり。

私たち小松建設は大正10年の創業以来、建造物を通して人々の暮らしを見つめてきました。それぞれの時代に、人々が望んでいる価値ある建造物を提供し、そこに建物が存在する間、ずっと見守ってきました。そして、90年の時を経て歴史のつながりは、土地につながり、生命につながっていくのです。

土地の素材を地域の気候風土に合わせて、使いこなしていく。素材の育った環境、素性、性格を知り尽くしているからこそ、さまざまな工夫と体験を積み重ねることにより、ものづくりの技もまたその土地独特のものが育まれてきます。また、「職人は素材と対話する」という表現がありますが、素材との距離感が近いほど、良い仕事ができるのです。

住まう人、木を育てる人、その木を製材する人、刻んで組み立てる人…創る人みんなが同じ土地につながっている関係。互いの顔をみながらじっくり対話し、熟練の技を出し合い、地域の風土に根差す家を完成させていきます。

ページ上部へ